ハイテクノロジー推進研究所

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  1. HOME
  2. 業務のご案内
  3. フォーラム・セミナー業務
  4. 今後の開催予定
  5. PART891

マルチメディア推進フォーラム PART891【オンライン限定】
「クラウドネイティブな時代のモバイルネットワーク
〜パブリッククラウドプロバイダー編〜」

メール申込用フォーマット PDFファイル(FAX申込書付き)
開催日2022年07月06日(水) 13時00分~16時45分
場所オンライン限定
受講料53,900円 (消費税込)

趣旨・論点

●モバイルネットワークアーキテクチャの進化
●パブリック・ハイブリッドクラウドとモバイル
●海外市場動向
●法制度上の課題と今後の見通し

仮想化基盤導入に端を発したモバイルインフラストラクチャアーキテクチャの技術的進化が、コンテナ基盤技術等によるクラウドネイティブ時代を迎え、従来は実質的にプライベートデータセンター上に構築することが唯一の選択肢であった時代から、新たな運用上の選択肢を通信事業者にもたらすことになった。それがパブリック・ハイブリッドクラウド上に構築されるモバイルインフラストラクチャである。

昨年AT&TやDISHといった通信事業者が相次いで商用モバイルサービスのインフラストラクチャ基盤として、パブリック・ハイブリッドクラウド事業者との協業を発表し、注目を集めることとなった。パブリック・ハイブリッドクラウドに対する期待は各通信事業者それぞれに異なる事情を抱えていると考えられるが、代表的なところでは複雑化するクラウド基盤技術の習得を外部にアウトソーシングすることでより本業のビジネスに注力することを可能とする、パブリック・ハイブリッドクラウド事業者が持つ強力な企業向けエコシステムを活用して自らの企業サービスを加速させるなどの狙いがあるものと見られている。

一方で、パブリッククラウド事業者もプライベートワイヤレス市場に進出するといった動きも本格化してきている。本セミナーでは、クラウドネイティブな時代におけるモバイルネットワークとパブリッククラウドの関わり方について、実現するための要素技術や市場の変化、通信事業者やパブリッククラウドプロバイダーといった多角的な視点から議論をし、今後のモバイルネットワークインフラストラクチャの姿をうらなっていくと共に、法制度的な課題にも焦点を当てる。第一回目にあたる本セミナーでは、法制度及びパブリッククラウドプロバイダーの視点を中心に議論するものである。

(座長)
上智大学 理工学部 客員教授 服 部   武

スケジュール

各講演最後に質疑応答を設けてあります。

(開催趣旨説明)
上智大学 理工学部 客員教授
服 部  武 氏
「クラウドネイティブ時代に即した制度の在り方」
●電気通信事業法上の技術基準の現状
●通信サービスにおけるパブリッククラウド活用の進展
●今後の制度的検討について

総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部
電気通信技術システム課
課長補佐
梶 原  亮 氏

「パブリック・ハイブリッドクラウド上の5Gコア」
●クラウドネイティブネットワークへの道筋
●通信事業者のモチベーション
●技術及び運用上の課題とこれから
●お客様リファレンス

ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社
Chief Technology Officer
柳 橋 達 也 氏

(休憩)

「マイクロソフトAzureとモバイルサービス」
●パブリッククラウド事業者から見たモバイルサービス
●国内におけるモバイルサービス展開
●お客様リファレンス

日本マイクロソフト株式会社
シニアテクニカルスペシャリスト
小 島  浩 氏

(休憩)

「グーグルクラウドとモバイルサービス」
●グーグルクラウドと通信事業による DX 事業への挑戦
●お客様リファレンス
●通信業界向けソリューションのご紹介とデモ

Google Cloud Japan合同会社
執行役員 情報通信事業本部
本部長
永 野  晋 氏

Google Cloud Japan合同会社
カスタマーエンジニアリング
技術本部長
佐 藤 聖 規 氏

フォーラム・セミナーFORUM・SEMINAR

開催決定
開催予定
  • [予定]

    【オンライン限定開催】「クラウドネイティブな時代のモバイルネットワーク〜通信事業者・機器ベンダー編〜」
  • [予定]

    【オンライン限定開催】「加速する非地上系ネットワーク(HAPS)実現に向けた取り組み」
一覧へ 一覧へ