ハイテクノロジー推進研究所

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  1. HOME
  2. 業務のご案内
  3. フォーラム・セミナー業務
  4. 今後の開催予定
  5. PART780

マルチメディア推進フォーラム PART780「5G NRハイライトと今後の進化、Beyond 5Gへの展望」

メール申込用フォーマット PDFファイル(FAX申込書付き)
開催日2018年11月26日(月) 14時00分~17時00分
場所アイビーホール青学会館 (アクセス
〒150-0002 渋谷区渋谷4-4-25 TEL:03-3409-8181(代)
受講料49,700円 (受講者1名交替可、コーヒー・資料代・消費税等を含む)

趣旨・論点


● 5G無線アクセス技術の標準化の枠組み
● 5G NR仕様のハイライト
● 5G NRとLTEの比較、特長
● 5G NRの進化 - 3GPPリリース16の課題
● 5GからBeyond 5Gに向けての課題
● Beyond 5Gに期待される技術要素

本年10月1日から米国ベライゾンが5Gの商用サービスを開始した。これは固定無線アクセスでありモビリティは提供されないが、来年以降モビリティを含めた商用サービスが我が国をはじめ米国、韓国、中国など世界各地で予定されてる。これらのサービスは、3GPPで規定した5G NR(New Radio)の仕様に準拠したものとなる。一方で、NRの進化や5Gの更にその次(B5G: Beyond 5G)にむけての検討が始まっている。そこで、本フォーラムでは5G NR仕様のハイライトと今後の進化、Beyond 5Gに向けての展望を、スウェーデン エリクソンの無線アクセス技術、標準化の第一人者であり「5G NR: The Next Generation Wireless Access Technology」の共著者であるErik DahlmanとStefan Parkvallに語ってもらう。

(座長-総合司会)
上智大学 理工学部 客員教授  服 部   武

スケジュール

各講演最後に質疑応答を設けてあります。

(基調講演)
「5GからBeyond 5Gへの動向」
●5Gの標準化と世界各国での5Gへの動き
●日本としての5Gへの取組みと課題
●Beyond 5Gへ向けた技術課題
●長期的なモバイル通信進化の展望

上智大学 理工学部 客員教授
服 部  武 氏
「5G NR:次世代無線アクセス技術」
●NRの概要とユースケース
●NRのアーキテクチャ
●物理レイヤ処理、マルチアンテナ伝送
●制御チャネル構成、セルサーチとランダムアクセス

Ericsson Research、Principal Researcher
Stefan Parkvall 氏
(同時通訳)

(休憩/意見交換/名刺交換)

「5G NRの進化とBeyond 5Gへ向けた展望」
●3GPP NRリリース16 – NR進化の第一ステップ
●5Gの長期的な進化
●Beyond 5Gへ向けた課題
●Beyond 5Gの技術要素

Ericsson Research、Senior Expert
Erik Dahlman 氏
(同時通訳)

フォーラム・セミナーFORUM・SEMINAR

開催決定
一覧へ 一覧へ