ハイテクノロジー推進研究所

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  1. HOME
  2. 業務のご案内
  3. フォーラム・セミナー業務
  4. 今後の開催予定
  5. PART760

マルチメディア推進フォーラム PART760「産業のデジタル化を支える
IoTプラットフォームの最新動向

メール申込用フォーマット PDFファイル(FAX申込書付き)
開催日2018年5月9日(水) 13時00分~17時00分
場所アイビーホール青学会館 (アクセス
〒150-0002 渋谷区渋谷4-4-25 TEL:03-3409-8181(代)
受講料49,940円 (受講者1名交替可、コーヒー・資料代・消費税等を含む)

趣旨・論点

● IoTプラットフォームの機能構成
● コネクティビティプラットフォーム
● サービスイネーブルメントプラットフォーム
● ビッグデータ解析とAI応用
● IoTアプリケーション
● APIとサービスエクスポージャ

IoTの応用分野の拡大が見込まれる中、特定のビジネスに限定されず様々なユースケースや産業分野に利用可能な汎用性の高いIoTプラットフォームの役割が増大している。IoTプラットフォームとしては、端末アクセスやデバイス・SIM管理、アクセスセキュリティ機能を実現するコネクティビティレイヤ、データ蓄積や汎用的な処理、各種アプリケーションに共通のサービス機能を実現するサービスイネーブルメントレイヤ、AI機能なども含む分析処理などの高度なデータ処理を行うレイヤなどがある。実際のIoTアプリケーションの実現に当たっては、これらのプラットフォームとアプリケーション機能が有機的に連携する必要がある。現状、これらのIoTプラットフォームの導入が徐々に進みつつあるが、今後大きく利用範囲や市場が拡大することが期待される。そこで、本フォーラムではこれらのIoTプラットフォームの機能構成や導入状況、計画について論ずる。

(座長-総合司会)
上智大学 理工学部 客員教授 服 部   武

スケジュール

各講演最後に質疑応答を設けてあります。

(基調講演)
「IoTプラットフォームの動向と課題」
●IoT市場動向とプラットフォームの役割
●IoTプラットフォームの階層構成
●IoTプラットフォームとクラウド
●IoTにおけるAI応用の流れ

上智大学 理工学部 客員教授
服 部  武 氏
「通信事業者から見たIoTプラットフォームの役割と可能性」
●デジタルトランスフォーメーションとIoTによる価値創造
●様々なIoTプラットフォーム(汎用型、産業特化型)
●ドコモのIoTプラットフォームサービス
●AIを活用したIoTプラットフォームサービスの事例
●5G時代に向けたIoTプラットフォームの更なる進化

株式会社NTTドコモ 法人ビジネス本部
IoTビジネス部 ビジネス企画担当部長
髙 橋 和 彦 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)

「IoTコネクティビティプラットフォームの開発と機能構成」
●IoTコネクティビティプラットフォーム開発の背景
●プラットフォームの構成とクラウド
●プラットフォームにより提供されるサービス
●IoTプラットフォームにおけるAI応用の可能性
●今後のIoTプラットフォームの進化

さくらインターネット株式会社
IoT事業推進室 室長
山 口 亮 介 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)

「オプティムにおける汎用性の高いIoTプラットフォーム」
●IoTプラットフォーム開発の背景
●IoTプラットフォームの構成
●IoTプラットフォームのアプリケーション例
●IoTプラットフォームにおけるAI応用
●LANDLOGにおけるオプティムプラットフォームの役割

株式会社オプティム
プラットフォーム事業本部 執行役員
山 本 大 祐 氏

フォーラム・セミナーFORUM・SEMINAR

開催決定
開催予定
  • [予定]

    「デジタル・トランスフォーメーションとITサービスの動向(その1)」
  • [予定]

    「ソフトウェア化するネットワーク」
一覧へ 一覧へ